ベビーワセリンのリップ│乾燥肌、唇の荒れ対策に

ベビーワセリンの成分

ワセリンは石油から抽出された保湿剤です。また、ベビーワセリンの成分は他に混じり気がなく、お子様や乳幼児にも安心して利用することができます。化粧のような難しい工程はいらないため、女性だけではなく敏感肌の男性からも重宝されています。

スキンケアするレディ

ベビーワセリン

ベビーワセリンは年齢問わず様々な方におすすめができる保湿剤です。水分を閉じ込めて乾燥肌を守ってくれる以外にも、埃などの刺激も防いでくれます。また、保湿効果から髪などにも利用することができます。

化粧品

ベビーワセリンは高いのか

ベビーワセリンはお求めやすいお値段になっていて、また人体以外にも錆止めやグリスとして機械のメンテナンスに利用することもできます。お肌に合わなくても利用できるため、お試しで買っても不要になることは少ないです。

ベビーワセリンを活用する

唇の乾燥対策に│ベビーワセリンのリップタイプ

乾燥しやすい季節には、よく唇なども切れやすくなってしまいます。水分補給などで口元を濡らした後に乾燥してしまって、唇を切ってしまったということもあるでしょう。唇の乾燥を防ぐために薬用リップなどを使うのもいいですが、独特な香りから嫌がるお子様なども多いでしょう。ベビーワセリンのリップであれば無香料無着色で作られているため、お子様や乳幼児にも安心して使用することができます。赤ちゃんは大人に比べて、皮膚のバリア機能や保湿機能も半分くらいしかありません。唇については、他の肌に比べてその約6倍も乾燥しやすいともいわれています。そのため、大人より気をつけて唇をケアしてあげる必要がでてきます。他にも、離乳食や食べ物で口元が荒れてしまうと、唇だけではなく肌トラブルの原因になります。唇だけではなく、口周りもベビーワセリンでしっかりケアをしてあげましょう。

唇以外でもベビーワセリンを活用しよう

ベビーワセリンのリップタイプは口だけではなく顔などにも利用することもできます。そのため、顔だけではなく乾燥肌などの肌トラブルの予防もできます。石油由来の不純物などが少ないため、肌に対する刺激も一般的な化粧品などより少なくなっていて、また柔らかくて伸びがいいため、肌に適量つけて伸ばしていくことができます。また、妊娠中の母体や胎内の赤ちゃんに影響が出るような成分は含まれていないため、子供や乳幼児だけではなく妊娠中の妊婦が利用されるのにも適しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加